×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




スケバン刑事全話紹介
第1話「謎の転校少女サキ」
1985年4月11日放送
監督 坂本太郎
脚本 杉村のぼる・土屋斗紀雄

あらすじ
聖アンナ女子高校に転入してきた麻宮サキ、彼女の正体は女子高生でありながら、秘密裏に捜査を行う特命刑事だった。
サキは、聖アンナ女子高校で行われている不正入学事件と、自殺した女子生徒の死の真相の調査を開始する。

詳細レビューへ
第2話「帰って来た不良少女サキ!」
1985年4月18日放送
監督 坂本太郎
脚本 杉村のぼる

あらすじ
スケバンだったサキが鷹ノ羽学園に戻ってくると言う噂に色めき立つ生徒、教師たち。一方、神恭一郎が再びサキの元を訪れ、引き続き特命刑事として活動するよう強要する。そんな折、銀行強盗が発生。サキは容疑者の一人として警察に捕まってしまう。

詳細レビューへ
第3話「爆破魔を追いつめろ!」
1985年4月25日放送
監督 田中秀夫
脚本 杉村のぼる

あらすじ
「オタスケマン」を名乗る愉快犯が、鷹ノ羽学 園に爆弾を仕掛けたと言う予告を放送し、学園はパニックに陥る。実際は単なる花火だったが、やがて本物の爆破予告が校長の下へ送られ、サキは捜査を開始する。

詳細レビューへ
第4話「白い炎に地獄を見た!」
1985年5月2日放送
監督 田中秀夫
脚本 海野朗

あらすじ
クラスメイト早坂ななみの父親が飛び降り自殺した。サキは、その死の真相を探るとともに、ななみの保護を命じられる。しかし、ななみはニセ刑事たちに捕まってしまい、取引に応じたサキもまた、監禁されてしまう……。

詳細レビューへ
第5話「黒ミサは午前2時に!」
1985年5月9日放送
監督 小西通雄
脚本 遠野海彦

あらすじ
立て続けに自殺事件の発生したカトレア女子学園。サキはその真相を探るために転入する。学生寮では、夜中に怪しい黒ミサが行われていた。それを目撃したサキだが、催眠術をかけられ、その時の記憶をなくしてしまう。

詳細レビューへ
第6話「アイドルを狙え!」
1985年5月30日放送
監督 小西通雄
脚本 山中伊知郎

あらすじ
連続放火事件の背後に人気女性アイドルの存在があると睨んだ暗闇指令は、サキにそのアイドルの付き人になって身辺を探るよう命じる。我儘なアイドルに振り回されるサキだったが、彼女には放火未遂の前歴があった……。

詳細レビューへ
第7話「愛と憎しみのアーチェリー」
1985年6月6日放送
監督 田中秀夫
脚本 橋本以蔵

あらすじ
とある高校の教師がアーチェリーで襲われる事件が連続する。事件の捜査のため、私立クローバー女子学園に転入したサキは、徹底した管理教育の行われる学園の実態を知る。そして元アーチェリー部で、教師に反抗して退学した女生徒に近付くが……。

詳細レビューへ
第8話「女高生モデル殺人事件」
1985年6月13日放送
監督 田中秀夫
脚本 山中伊知郎

あらすじ
大学生の運営する女子高生モデルクラブの主催したコンテスト会場で、モデルが毒を飲まされて死亡する事件が発生。事件捜査のため、サキはモデルとしてそのクラブに潜入を命じられる。

詳細レビューへ
第9話「いじめの根を断て」
1985年6月27日放送
監督 坂本太郎
脚本 遠野海彦

あらすじ
三平とデート中のサキは、女子高生が服を万引きするのを目撃し、やめさせる。サキは集団万引き事件を捜査するため、その女子高生も通う高校へ転校する。彼女は不良たちにいじめられ、無理矢理万引きをさせられていた。
サキはイジメに屈するなと彼女を励ます。

詳細レビューへ
第10話「狙われたアタッカー」
1985年7月4日放送
監督 坂本太郎
脚本 遠野海彦

あらすじ
将来を期待されている高校のバレーボール選手水島直子を巡り、各企業が陰で醜い争奪戦を繰り広げていると言う噂の真相を突き止めるため、サキが捜査を開始した。

詳細レビューへ
第11話「第二部 悪魔の三姉妹編 序章」
1985年7月11日放送
監督 田中秀夫
脚本 杉村のぼる

あらすじ
サキは生徒会長で剣道部主将の三井に誘われ、剣道部に入る。一方、鷹ノ羽学園に三人の女生徒が転校してくる。彼らは生徒たちによる自主管理委員会を設立しようと画策する。そんなある日、三井が何者かに襲われ、沼先生が犯人として逮捕されてしまう。

詳細レビューへ
第12話「サキ!お前はもう死んでいる!」
1985年7月18日放送
監督 田中秀夫
脚本 杉村のぼる

あらすじ
負傷して川に転落したサキは三平に助けられる。一方、鷹の羽学園に海槌あゆみが乗り込み、さらに徹底した自主管理体制を敷こうと目論む。そして意識不明の三井律子の命が狙われると知ったサキは病院へ急ぐが……。

詳細レビューへ
第13話「殺しのメロディーを弾け!」
1985年7月25日放送
監督 坂本太郎
脚本 杉本のぼる

あらすじ
両親を事故で亡くしたばかりの純子と言う少女がサキを頼って来る。暗闇指令は彼女の保護をサキに命ずる。純子はピアノコンクールに出るため練習を重ねていたが、何者かが彼女を襲う。

詳細レビューへ
第14話「血ぬられた鍵盤」
1985年8月1日放送
監督 坂本太郎
脚本 杉本のぼる

あらすじ
純子は河崎先生の指導を受けるが、理不尽な罵声に自身を無くしてしまう。そして迎えたコンクール当日、純子は演奏直前、何者かに刺されてしまう! 重傷を負いながら、ピアノの前に座る純子だったが……。

詳細レビューへ
第15話「サキ!罠にはまる」
1985年8月8日放送
監督 田中秀夫
脚本 橋本以蔵

あらすじ
鷹の羽学園にタケシと言う転校生がやってきて、たちまち人気者になる。そんな折、サキの友人一子が何者かに刺し殺され、サキがその容疑者として逮捕されてしまう!

詳細レビューへ

第16話「決死の脱出!恐怖の地獄城」
1985年8月15日放送
監督 田中秀夫
脚本 山中伊知郎

あらすじ
サキは殺人の濡れ衣を着せられて特別少年院に入れられ、海槌家の息のかかった看守にいたぶられる。一方、神や三平はサキの無実を晴らすべく奔走する。サキは少年院の中で深町ミドリと言う女の子と仲良くなるのだが……。

詳細レビューへ
第17話「鷹の羽学園は燃えているか」
1985年8月22日放送
監督 坂本太郎
脚本 杉村のぼる

あらすじ
少年院を出たサキは学園に戻ろうとするが、既に退学になっていた。暗闇指令から海槌レミの壮大な野望を知らされるサキ。一方、美也子は海槌レミに唆されて、以前からの鷹の羽の生徒たちを扇動するが、それはレミの仕掛けた罠だった。

詳細レビューへ
第18話「登場! もう一人の特命刑事」
1985年9月5日放送
監督 坂本太郎
脚本 杉村のぼる

あらすじ
レミに挑んだサキだがあっさりと敗北し、クラス全員退学にされてしまう。責任を感じた美也子は飛び降り自殺を図る。失意のサキの前に現れた片桐と言う男の優しさにサキの心が癒される。

詳細レビューへ
第19話「暴かれた サキ出生の秘密!」
1985年9月12日放送
監督 田中秀夫
脚本 橋本以蔵

あらすじ
三姉妹に捕らえられ、海槌剛三の前に引き出されたサキだが、意外にも剛三はサキにある任務を与えて解放する。サキは剛三の野望を挫くべく、ホーナー博士の娘エイミーを彼らに先んじて確保する。

詳細レビューへ
第20話「呪われた父と娘!?」
1985年9月19日放送
監督 田中秀夫
脚本 山中伊知郎

あらすじ
山本の残した言葉を手掛かりに、サキたちは遂にホーナー博士を見付ける。しかし、すぐに海槌財閥に捕まり、サキは剛三から自分がお前の父親だと聞かされ、激しく動揺する。

詳細レビューへ
第21話「父さんを殺したのはお前だ!!」
1985年9月26日放送
監督 坂本太郎
脚本 遠野海彦

あらすじ
剛三が自分の父親なのか確かめるべく、母親に面会に行ったサキ。だが、母親ははっきりしたことは教えてくれないまま。絶望するサキに三平が愛の告白をするが、そこへ海槌姉妹が襲ってくる。

詳細レビューへ
第22話「地獄へ落ちろ!悪魔の一族」
1985年10月10日放送
監督 坂本太郎
脚本 遠野海彦

あらすじ
剛三はサキの策略にかかり、過去の罪状を全てぶちまけてしまう。剛三たちは警察に逮捕されるが、ひとりレミはサキの前で崩れ落ちるビルと共に消えた。そして、サキは遂に母ナツと再会し、親子水入らずの生活を始める。

詳細レビューへ
第23話「恐るべき死の爆弾人形!!」
1985年10月17日放送
監督 田中秀夫
脚本 遠野海彦

あらすじ
サキのクラスメイト和美がバイク集団に襲われて重傷を負う。その妹の面倒を母親のように見るサキだったが、その裏でレミの卑劣な殺人計画が進行していた。

詳細レビューへ
第24話「悪魔の三姉妹編 最終回 サキよ永遠に」
1985年10月24日放送
監督 田中秀夫
脚本 杉村のぼる

あらすじ
あくまでサキの抹殺に執念を燃やすレミは、三平に禁断の洗脳薬を投与する。三平を助けるためには24時間以内に解放剤を打たねばならない。レミは解放剤を餌にサキをおびきだそうとする。罠と知りながらサキはレミの元へ行こうとするが……。

詳細レビューへ
第25話「番外編 さよなら斉藤由貴」
1985年10月31日放送
監督 小野原和宏

撮影風景、NGシーン、インタビューなど。

詳細レビューへ